お悩み解決!ファクタリング徹底比較ガイド

3者間と2者間のファクタリングの違い

トップページ > ファクタリングのお得情報 > 3者間と2者間のファクタリングの違い

3者間と2者間のファクタリングの違い

、ファクタリングは、小さな企業が一時的にお金を手に入れる時に便利になります。
通常は、商品を相手の会社に売却したときすぐに売却した資金を手に入れることができるわけではありません。
コンビニエンスストアで商品を購入するのとは、わけが違います。
なぜすぐ手に入れることができないかといえば、会社間の取引きにおいては大きなお金が一度に動くからです。
もし現金で持ち運ぶとすればそれこそ危険が伴うでしょう。
また、購入する会社も十分に現金をその時に持ち合わせていない可能性があります。
そこで、手形を使います。
手形を使うことで支払い期限が延び、2カ月後ないしは3カ月後に支払えばよいことになるわけです。
ただ、この考え方だと商品を売却した方は倒産する危険も考えられますので、ファクタリングを利用して早めに資金を手に入れることが可能です。


一般的にファクタリグとは、3者で行うものを指します。
どのような仕組みになっているかといえば、まず商品を売却した会社と商品を購入した会社の二つがありその間にファクタリングの業者が入ります。
商品を売却した会社は、すぐに現金を手に入れたい場合にはファクタリング会社に連絡をし債権を譲渡することになります。
債権を譲渡した場合には必ず手形を振り出した相手に連絡をする必要があるでしょう。
ただこの時には、商品を売却した会社の資金繰りが悪いのではないかと買い手側から疑われてしまう可能性が高いです。
資金に余裕があるならば、わざわざファクタリングを利用する必要がないからです。
このように考えると買い主にとって信頼が失われてしまう可能性があるため不都合になります。
そこで現れたのが、2者間によるファクタリングになります。


2者間のファクタリングの特徴は、債権譲渡の通知をする必要はない点が大きなポイントになります。
従来であれば、商品の売り主はファクタリング会社に対して債権を譲渡しました。
そして譲渡したと同時に相手方に通知をすることになりますが、2者間ではこのような手続きは一切省きます。
債権は譲渡せずそのままにしておき、まずファクタリング会社がすぐに売り主に現金を渡します。
その後、2カ月ないしは3カ月経過してから手形を売り主が銀行に持って行き、現金に換えます。
その現金をファクタリングの会社に持って行く仕組みです。
このようにすれば、そもそも債権譲渡自体が行われていませんので相手に対して通知をする必要すらありません。
ただこの場合、売り主がファクタリング会社から手に入れることが出来る金額は3者間に比べるとやや少なくなる傾向があります。

次の記事へ

カテゴリー