お悩み解決!ファクタリング徹底比較ガイド

ファクタリングの基本をよく理解しておこう

トップページ > ファクタリングのお得情報 > ファクタリングの基本をよく理解しておこう

ファクタリングの基本をよく理解しておこう

会社間の取引きでは、商品を売却したとしてもすぐにお金が入ってこないことがほとんどです。
個人の売買とは異なり、かなり大きなおお金が動くことになりますので商品を売却したと同時にお金を渡すのは危険が生じるわけです。
このような場合に、手形を利用する会社が多いですが手形ならば安全にお金を相手に渡すことができます。
商品を購入した会社は相手の会社あてに手形を振り出しそこに金額を書きます。
相手はその手形を保管しておき、60日ないしは90日経過した時に銀行に持っていくとそこに記載されている金額を手に入れることができる仕組みです。
このように、安全性は排除されていますが、60日以上は待たなければなりません。
そうすると、その間に資金難になってしまう会社もあるでしょう。
そこでできたのがファクタリングの仕組みになります。


二つの会社が売買を行い現金がなかなか入ってこない時にファクタリングを行い、現金をすぐ調達できる仕組みを作っておくわけです。
売却する会社と購入する会社がいてもう一つファクタリングの会社があると考えれば分かりやすいです。
売却した方の会社は、現金を調達するまで時間がかかりますがファクタリング会社を利用すれば60日ないしは90日後に入ってくるお金の9割以上を手にすることが可能です。
ただ、全額手に入れることができるかといえばそのようなことはありません。
業者によってあるいは金額によってどれぐらい手に入れることができるかが決まりますが95パーセント以上のことが多い傾向にあります。
ファクタリング会社は、商品を売却した会社から債権をもらうことになるでしょう。
これを債権譲渡といます。
債権とは、お金を請求する権利のことです。


ファクタリング会社は、購入者に対して債権譲渡をした旨通知する必要があります。
のちに、ファクタリング会社が売り主から引き受けた手形を60日ないしは90日後に銀行へ持って行き現金にする仕組みです。
債権譲渡をする場合一つ問題があり、それは相手方に債権を譲渡したことがばれてしまうことです。
これの何が不都合になるかといえば、商品を売却した会社には資金的に余裕がないと勘繰られてしまう点です。
そうすると、今後取引きをすることをやめたりすることも起こりうる話になります。
このように考えると、ファクタリングをすることが必ずしもメリットばかりではないことが理解できるはずです。
この場合には、2者間におけるファクタリングの方法もありますので、どちらでも利用しやすい方を利用してみましょう。

カテゴリー