お悩み解決!ファクタリング徹底比較ガイド

ファクタリングで資金繰りを安定化

トップページ > ファクタリングのお得情報 > ファクタリングで資金繰りを安定化

ファクタリングで資金繰りを安定化

ビジネスを行う上で売上や利益は当然大事です。
でもそれ以上に大事になってくるのがお金になるでしょう。
いくら売上や利益があっても、支払いをしないといけないときにお金が無ければそれ以降ビジネスを続けられないときもあります。
売上や利益があるとお金が入ってきますが、通常はお金が入る前にその元になった仕入れなどに対する支払いをしなければいけません。
資金繰りをうまく考えながらビジネスをしていく必要があると言えます。
資金繰りにおいてはいかに現金化のスピードを上げるかもあり、取引先に対して信用力を上げようとする考えもあります。
大企業と中小企業が取引をするとき有利に話を進められるのは大企業の方で、大企業であれば中小企業に対して入金を早くしてもらい支払いをできるだけ遅くしてもらうなど資金繰りをうまく行っています。


中小企業など資金繰りに四苦八苦しているときに利用を検討したいのがファクタリングと呼ばれるサービスです。
売上金の支払いとして受取手形を受けることがあるでしょう。
通常は手形が決済される期日まで現金化されませんが、手形割引を使えば早期に現金化することができます。
手形は法的な証券として扱われているので、現金化もしやすくなっています。
一方売掛金として入金を待っている状態は手形のような効力がないために通常は現金化できませんでした。
それを現金化してくれるのがファクタリング会社で、通常の入金日よりも早く現金化することができます。
数か月先に入ってくる現金をその前に受け取ることができれば色々な支払いに使うことができるので、資金繰りに余裕を持たせることができます。
積極的なビジネスも行えるでしょう。


ファクタリングは手形割引同様に一定の割引があります。
借入をすると利息の支払いが必要になりますが、割引額は利息と同じ意味合いと考えると良いでしょう。
ファクタリングによって現金化をするときにはいかに割引に伴う手数料を低くできるかを考えなくてはいけません。
いくら早期に現金化できるとしても、そのためのコストがかかれば他の方法で資金調達をした方がいい時もあるからです。
ファクタリングを行う業者によって手数料の率などが異なるので、より手数料が少なくて済む業者を選ぶのも重要になってくるかもしれません。
大手だと安心して利用できるものの手数料が高めになる可能性があり、大手以外は手数料は低めですが成約が多い時もあります。
大手以外の中で自社が使いやすいファクタリング会社を見つける必要がありそうです。

次の記事へ

カテゴリー