お悩み解決!ファクタリング徹底比較ガイド

ファクタリングが向いている事例を知ろう

トップページ > ファクタリングのお得情報 > ファクタリングが向いている事例を知ろう

ファクタリングが向いている事例を知ろう

ファクタリングは売掛債権を現金化することができるという事から、資金調達の方法として注目を集めています。
銀行などを利用した融資と違い、売掛債権をすぐに現金化することもできます。
だから、今すぐに現金を用意しなければならない時などに非常に便利なシステムです。
ビジネスを行う上ではスピードというのは非常に重要なポイントです。
ファクタリングを利用すれば現金をいち早く入手することができるので、ビジネスのチャンスを逃しにくいというメリットもあります。
とはいえ、ファクタリング自体は完璧なシステムというわけではなく、事例によって向き不向きが存在しているので、その点には気をつけなければなりません。
実際に利用して損をしてしまわないように為るためにも、向いている事例、向いていない事例に関しては良く理解しておくことが重要です。


まず、ファクタリングが向いている事例としては介護事業があります。
介護に関しては介護保険給付金を受け取ることができるのですが、給付金自体はすぐに入ってくるわけではなく、申し込みから大体2ヶ月くらいの時間がかかります。
そのため、その2ヶ月間の資金をどうすれば良いのかという問題が浮上する可能性があるのです。
そこでファクタリングを利用すると、早い段階で現金を手に入れることができるようになるので、2ヶ月間の空白を心配する必要がなくなります。
またこれは介護事業だけでなく医療の現場でも同じことが言えます。
実際に医療の現場では医療報酬を受け取るのですが、国保連などからのお金が入ってくるのは大体2ヶ月くらい先です。
つまり、ここでも2ヶ月くらいの空白が生まれてしまうということです。
そこで入ってくる予定の診療報酬をファクタリングすれば、すぐに必要なお金を手に入れることができます。


とはいえ、実際にファクタリングを利用すればそのメリット、恩恵を受けることができる業種も少なくありませんが、その反面利用したことによって問題が大きくなってしまうこともあり得ます。
例えば、売上が減少してしまったことに対して、その補填のために利用するのは危険です。
なぜなら、ファクタリングを行う際は手数料が発生してしまうからです。
もちろん将来的なことをしっかりと考えた上での利用であれば問題はありませんが、その場しのぎのために利用するのは少々危険なので注意が必要です。
つまり、ファクタリング自体は色々な業種で利用することができるサービスなのですが、利用に向いていない場合もあるので、いつでもどんな時でも資金調達方法はファクタリングというわけではありません。
ただ資金を集めることができれば今目の前にある可能性を無駄にする必要がなくなる場合も多々あるので、ファクタリングを利用する際は手数料、そして現在行なっている事業のこと、さらに利益率などから総合的に判断して利用を決めるようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリー